デザイン ネット集客情報局

治療院のホームページ、従来型とランディングページについて

投稿日:2017年1月12日 更新日:

ランディングページイメージ
治療院のホームページを制作していると、ランディングページを参考サイトとして制作を依頼される事があります。
従来型のホームページとランディングページでは、用途が異なるので、違いを理解した上で制作を依頼しましょう。

従来型ホームページ

治療院のイメージを訴求し、ユーザーが必要としている情報が見つけやすいようにページ分割、メニュー配置がされ、ユーザー視点で利便性を重視した画面、構造設計になっています。

ランディングページと比較

メリット
幅広い層をターゲットにできる
ページ数を増やすことで、検索エンジン対策(SEO)として、複数のキーワードをターゲットとすることが出来る

デメリット
ランディングページと比べると押しがが弱い

ランディングページ

売り込むためにターゲットを明確にし、そのユーザーに対してピンポイントでコンバージョンさせるためのページです。
特徴は縦長の1枚ページ、情報量が多く、画像を多用して、説得するためのキャッチコピーが目立つように配置され、派手なイメージです。
症状改善率○○%、○○が認めた確かな技術、患者様の声などが長々とあり、所々にお問合せはこちらが配置されています。売込み側視点・コンバージョンを重視した画面、構造設計になっています。

従来型ホームページと比較

メリット
ターゲットを絞り込んでキャッチコピーを作るため、特定のユーザーへのコンバージョン率が高い

デメリット
ターゲット以外はコンバージョン率が低い
キャッチコピーに情報が埋もれ、欲しい情報が見つけづらい
検索エンジン対策(SEO)として、複数のキーワードをターゲットに出来ない

まとめ

ランディングページは、ターゲットを絞った初診集客には良いと思います。
ただ、絞り込むため、ターゲット以外の人は集客しづらく、再来訪する方や情報を捜している方には使い勝手が良くないというデメリットもあります。
当サイトとしてのおすすめは、従来型ホームページは公式サイト、ランディングページは集客専用サイトとして分けて、両方持つのがベストだと考えています。

-デザイン, ネット集客情報局

執筆者:

関連記事

症状・事例

治療院に最適な検索エンジン対策(SEO)「症状・事例」でロングテールを狙う

治療院は毎日のように治療をしています。必ず事例が増えてくるはずです。 事例は患者からすると、自分が治療院に通うと、どのような治療が受けられ、結果どのようになるのか、目安になる貴重な情報です。 また、治 …

治療院のホームページを自分で作成する

治療院のホームページを自分で作成する

無料のホームページ作成サービスやシステムはインターネットで検索すれば沢山の情報が出てきます。 ただ情報は多すぎると探したり、見分けたりするのが大変ですよね。 この記事では信頼性も高く、沢山の企業でも使 …

カレンダー

治療院の年間行事・イベント・コンテンツ企画に使えるカレンダー

治療院のイベント計画、コンテンツ企画、季節に関係した特集ページのアイデア出しにご利用ください。 赤文字は消費活動が活発になるイベント、太文字は重要なイベントです。 年間行事・イベント・風物詩一覧 1月 …

打上げ

治療院のホームページ立ち上げ時の必須設定

ホームページを本場公開する際、重要な儀式があります。この記事ではアクセス解析ツールの設定、検索エンジン、外部サイトへの登録の概要を説明します。 アクセス解析ツールの設定 「どのような人が」「どれくらい …

事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!

実例、検索エンジン対策(SEO)!相互リンク(被リンク)の影響

相互リンク(被リンク)の検索エンジンの掲載順位への影響について、治療院のミカタを使い効果検証してみました。 基本情報 治療院関連のサイト、1ページ800文字~2000文字のページを20ページ程作成、全 …