デザイン ネット集客情報局

治療院のホームページ、従来型とランディングページについて

投稿日:2017年1月12日 更新日:

ランディングページイメージ
治療院のホームページを制作していると、ランディングページを参考サイトとして制作を依頼される事があります。
従来型のホームページとランディングページでは、用途が異なるので、違いを理解した上で制作を依頼しましょう。

従来型ホームページ

治療院のイメージを訴求し、ユーザーが必要としている情報が見つけやすいようにページ分割、メニュー配置がされ、ユーザー視点で利便性を重視した画面、構造設計になっています。

ランディングページと比較

メリット
幅広い層をターゲットにできる
ページ数を増やすことで、検索エンジン対策(SEO)として、複数のキーワードをターゲットとすることが出来る

デメリット
ランディングページと比べると押しがが弱い

ランディングページ

売り込むためにターゲットを明確にし、そのユーザーに対してピンポイントでコンバージョンさせるためのページです。
特徴は縦長の1枚ページ、情報量が多く、画像を多用して、説得するためのキャッチコピーが目立つように配置され、派手なイメージです。
症状改善率○○%、○○が認めた確かな技術、患者様の声などが長々とあり、所々にお問合せはこちらが配置されています。売込み側視点・コンバージョンを重視した画面、構造設計になっています。

従来型ホームページと比較

メリット
ターゲットを絞り込んでキャッチコピーを作るため、特定のユーザーへのコンバージョン率が高い

デメリット
ターゲット以外はコンバージョン率が低い
キャッチコピーに情報が埋もれ、欲しい情報が見つけづらい
検索エンジン対策(SEO)として、複数のキーワードをターゲットに出来ない

まとめ

ランディングページは、ターゲットを絞った初診集客には良いと思います。
ただ、絞り込むため、ターゲット以外の人は集客しづらく、再来訪する方や情報を捜している方には使い勝手が良くないというデメリットもあります。
当サイトとしてのおすすめは、従来型ホームページは公式サイト、ランディングページは集客専用サイトとして分けて、両方持つのがベストだと考えています。

-デザイン, ネット集客情報局

執筆者:

関連記事

組立てる

​ 治療院の検索エンジン対策(SEO)内部施策と外部施策

検索エンジン対策(SEO)は大きく分けて、内部施策と外部施策に分かれます。この記事では両施策の概要を説明します。 内部施策とは サイトの内部に対する検索エンジン対策(SEO)です。 検索エンジンが情報 …

MEDIA

治療院の検索エンジン対策(SEO)コンテンツSEOとは

検索エンジン対策(SEO)で最強の施策はコンテンツSEOです。 検索エンジンはユーザーのニーズに合った良質なコンテンツを捜すためのツールです。 これを実現するため、検索エンジンは日々アップデート(パン …

カレンダー

治療院の年間行事・イベント・コンテンツ企画に使えるカレンダー

治療院のイベント計画、コンテンツ企画、季節に関係した特集ページのアイデア出しにご利用ください。 赤文字は消費活動が活発になるイベント、太文字は重要なイベントです。 年間行事・イベント・風物詩一覧 1月 …

成長イメージ

ホームページを成長させる!KGI、KPI、高速PDCAサイクル

ホームページは立ち上げて終わりではありません。立ち上げてからがスタートライン、育てることが重要です。 育てる方法として、KGI、KPI、高速PDCAサイクルについて説明します。 目標を決め、成長させる …

WEB用語集

分かりやすいく解説!良く使うWEB用語集

治療院の先生とお話しをしていると、色々な質問を受けます。 この記事では、治療院の先生から受けたWEB用語に関する質問や質問されそうな事をまとめ、専門用語をなるべく使わず、分かりやすいく解説します。 ※ …